A-182
     リバティ時代のリネン糸の手袋
                         1900-10年頃
の夏のお洒落
       
       
size   全体の長さ:24cm
       中指の長さ:8.5cm
   
リネンの縒られた糸で編まれた、夏用の手袋。

リバティ時代、1900-10年のもの。

この時代には、外出には手袋が必需品。

白一色のドレスに、柄の長い日傘を持って・・・というスタイルです。

リネン糸は、ナチュラルな麻色。

指先に僅かに色つきがありますが、状態からして、未使用品です。

もちろん実用も可能です。


古の初夏に思いを馳せて・・・

パステルカラーのリネンのワンピースにも似合いそうです。

price  \6.800(送料込)
   
material  リネン糸    
from  イタリア
    
1900-10年代
   


イタリアから発送
   
 
 私の手には、ぴったりのサイズ。*^^*。
 
 
 サイズは、平置きで、人差し指の長さ7.5cm、中指の長さが8.5cm、小指の長さが6cmです。
 ネット状ですので、もう少し伸びます。
 
 
 
 少しザラッとした麻糸の感触が、肌に気持ち良いです。
 
 
 ネット部分は、フィレレースと同じ技法。
 
 
  もちろん手編み。※カーソルを置くと、拡大写真がご覧になれます。
 
 右の中指の中ほどに、一箇所ネットが切れた部分がありますが、ネットはコーナーごとに結ばれていますので、
これ以上広がることはないです。丁寧な修復で、分からなくなります。
 

上記以外はの、良好なアンティークコンディションです。
 ACCESSORY
  
  Copyright (c)    Early Summer  2015   All  Rights Reserved