K-188      バルボティーヌの飾り皿
                          不思議なパープルのポピ-

       
       
size   直径 19.5cmφ
     高さ  2.5cm
   
バルボティーヌは、19世紀後期に人気を博し、フランスのロレーヌ地方で20世紀初頭まで作られた、マヨルカ焼です。

不思議な印象の、濃厚なパープルのポピー。
アールヌーボー時代のもの。1900-10年頃。

白の余白がすっきりと美しく、この時代独特の、茎の曲線も魅力的です。

ちょっとくどいものが多いバルボティーヌの中では、この爽やかなコントラストは、レア。*^^*


姉妹店のTesoro*テゾーロでも、同じくバルボティーヌの花器を数点、ご紹介しています。
http://www.tesoro-antique.com/t150.html


こちらもご覧になってくださいませ♪
price \15.000(送料込)    
material   陶器    
from  フランス    


イタリアから発送
   
 
 2枚を、鏡などの左右に対称に飾ると素敵です。2枚セットですと、28.000円です。
 
 
  柔らかな白地に浮かぶ、ディープパープルのポピー。
 
様式化された曲線が美しい、アールヌーボー。※カーソルを置くと、違う角度の写真がご覧になれます。
 
 
 レリーフ状の絵柄が特徴の、バルボルティーヌ。※カーソルを置くと、茎部分の写真がご覧になれます。
 
 
 アルファベットのバックスタンプがありますが、読み取れません。
※カーソルを置くと、裏側の写真がご覧になれます。
 
 

ミントコンディションです。
 
 ▲KITCHEN 
 
  Copyright (c)    Early Summer  2015   All  Rights Reserved