K-190     フランスの鋳鉄の鍋敷き
                             ずっしり重い存在感
       
       
size   直径 24.3cmφ
     高さ 3.5cm
    重さ 1.4Kg

   
フランスのリバティ時代、1900-1910年頃の鋳鉄製の鍋敷きです。

ズシリと重く、約1.4Kg。
直径20cmのお鍋がきちんとはまり、もっと大きなフライパンでも安定感十分です。

食卓に置くだけで心躍る、鍋敷き♪
毎日使うものは、とても大事

足の部分も含めると、直径は、30.8cm。
見事な存在感です。笑。

色合いが、とってもおフランスな緑がかったセージグレーで、お洒落。


これからもずっとずっーと一生使っていただける、アンティークお台所雑貨です。*^^*
price  \19.800(送料込)    
material  鋳鉄    
from  フランス    


イタリアから発送
   
 
 
  眺めているだけでも、遠い日のフランスの食卓を感じられます。。
 
 ずっしり安定感。
 
 
 足の意匠が、リバティ様式。
 
 
 お鍋の当たる部分は擦れて鉄が見えてますが、それがまた良い雰囲気です。
 
 
 ご愛用の鍋敷きになりますように・・・。※カーソルを置くと裏側の写真がご覧になれます。
 
 
 植木鉢の台にも良いです。
 

大変良好なアンティークコンディションです。
重たいので、普通小包郵便でのお届けになります。
 
 ▲KITCHEN 
 
  Copyright (c)    Early Summer  2015   All  Rights Reserved