K-206      19世紀後期のOil&Vinegar
                                   かなりレアなお品
       
       
size   本体高さ:30cm 
    21.5cm×11.5cm
     
   
ガラス瓶高さ;24cm
   
19世紀後期の、オイルとビネガーの卓上セット。
今まで見たことがなく、かなりレアなお品と思います。


黒い取っ手は、ナポレオン3世時代の特徴的なデザイン。
よって、年代は1870年〜末期と推定できます。

本体部分は、陶器製で、絵柄はプリントですが、この時代らしい小鳥と草花。欠けなど見当たらない、素晴らしいコンディションです。

オイルとビネガー入れは、吹きガラス。
唯一のダメージは、取っ手の下の部分の欠陥ですが、十分に実用できるコンディションです。

木と陶器という素材感が、銀製品などよりも優しく、テーブルの雰囲気が違って見えます。


100年以上も大事にされてきたオイル&ビネガー、まだどなたかの食卓で愛されますように。
price  \35.000(送料込)    
material  ガラス・木・陶器    
from  フランス
   
19世紀後期-末期
   


イタリアから発送
   
 
  長い時を経てきた、しっとりとした雰囲気です。
 
 
 木と陶器という素材感や、色の対比も特別です。
 
 ぐらつきもなく、実際に使用できます。
 
 
 本来はオリーブオイルとビネガーですが、お好みのドレッシングなどにも・・・。
 
 
 二つの小さな穴は、使用時に蓋を入れておく為。※カーソルを置くと他の拡大写真がご覧になれます。
 
 
 シックな黒のクリ棒は、ナポレオン3世から19世紀末期にかけての特徴的な意匠。
 ※カーソルを置くと拡大写真がご覧になれます。
 
 
 吹きガラスの瓶。*^^*※カーソルを置くと別の角度の写真がご覧になれます。
 
 
 蓋も擦られて、ぴたりと収まります。※カーソルを置くと下部分の拡大写真がご覧になれます。
 
  瓶には少し経年の色付きがあります。
 
  取っ手の下の部分のガラスに
損傷がありますが、実用には差し支えないです。
 

大変良いアンティークコンディションです。
 
 ▲KITCHEN 
 
  Copyright (c)    Early Summer  2016   All  Rights Reserved