K-229      Brown Willowのカップ&ソーサー・2客セット
                               古のシノワズリー

       
       
size   カップ 8cmΦ
     高さ 5.5cm

   ソーサー13cmΦ
   
ブルーウィローは、18世紀後期に考案され人気を博し、その後、イギリスのみならず、オランダやドイツ、果ては大戦前には日本の窯でも焼かれたパターン。元の図案は中国景徳鎮磁器のもので、典型的なシノワズリー(東洋趣味)です。

もともとは、中国の悲哀物語がテーマと言われる、ブルーウィロー(青い柳)です。


このカップ&ソーサーは、イタリアの窯で焼かれたもの。
年代は1870年頃と推測されます。

ブラウンのウィローは、ちょっとレア。
これでお茶をして、どんな世間話に花を咲かせていたのかしら??
色々、想像すると楽しいです。*^^*


※陶器ですので、送料が少しかさんでいます。リネンシーツなどと同梱できますと、重複した送料分を割引できます。

price \25.000(送料込)    
material   陶器    
from   イタリア 19世紀    


イタリアから発送
   
 
 19世紀のブラウンウィロー。実際の肌の色は、写真よりもアイボリーです。
 
 ヨーロッパの憧憬、シノワズリー。  ※カーソルを置くと、裏側の写真がご覧になれます。
 
 
 もう片方のカップ。※カーソルを置くと、裏側の写真がご覧になれます。
 
 絵柄も、イタリアのものはどこかユーモラスな印象。遠い異国のおとぎの国の世界。
※カーソルを置くと、拡大写真がご覧になれます。
 
 絵柄のずれなどは、古のご愛敬。*^^*
 
 
 片方のカップのエッジに、釉薬の消耗が見られますが、まだまだ実際にお使いいただけます。
 ※カーソルを置くと、違う角度の写真がご覧になれます。
 
 手に持つと、あれっ?と思うほど、軽い陶器です。※カーソルを置くと、別の写真がご覧になれます。
 

大変良好なアンティークコンディションです。
 
 ▲KITCHEN 
 
  Copyright (c)    Early Summer  2017   All  Rights Reserved