K-244     イタリア・LAVENOのスーピエール
                              柘榴の実の持ち手
       
       
size    胴径 約21cmΦ
    (+持ち手)
     高さ  約30cm
   
イタリアの19世紀後期のスーピエールです。

北イタリアのLAVENO(ラヴェーノ)社のもの。イタリア語では、ズッピエーラと言います。
不思議なことに、これと全く同じ形のものを、GINORIもこの時期に生産しています。

大変に良好なコンディションです。
スーピエールで、カケやヒビの無いものは、本当に数少ないです。

大きいのと、日常品だったため、洗ってる途中などで、コツンと当てたりしやすいからだと思います。

19世紀ならではの、古典的な優雅な形は、見飽きません。

少し小さめですが、3-4人用のビーフシチューや、カレーなら4-5人分は入ります。*^^*

お客さんの時に、これで出したら、お味もアップしそう。笑。
優雅な雰囲気で、テーブルの上も華やぎます♪

普段は、食器棚の上に飾って、眺める楽しみも・・・。*^^*

どさっとお花を活けて、フラワーアレンジメントしても、また素敵です。


price  \28.000(送料込)    
material   陶器    
from   イタリア    
イタリアから発送
   
 
 19世紀の優雅なフォルム。たっぷりとした丸みが、豊かな気分にしてくれます。
 
 
 シンプルなフォルムの中に映える、柘榴の持ち手。豊穣を表す、イタリアではおめでたい果物。
※カーソルを置くと、拡大写真がご覧になれます。
 
 お腹いっぱいの満ち足りた気分を連想させます。
 
 
  取手も、柘榴の葉をデザインした、エレガントな渦巻き。※カーソルを置くと、拡大写真がご覧になれます。
 
 
 底の,バックスタンプ。今はもう存在しない窯元のLAVANO社。
 ※カーソルを置くと、拡大写真がご覧になれます。
 
 
 内側もキレイで、もちろん実用可能。この胴部分の口径は、19.7cmΦです。
 ※カーソルを置くと、蓋側の写真がご覧になれます。
 
 
 今回NewUpの二つのスーピエール。どちらも、柔らかなアイボリー色です。
 
 
 一方の取っ手の部分には、表面に薄いチップが2ヵ所あります。
※カーソルを置くと、反対側からの拡大写真がご覧になれます。
 
 
 縁に、おそらく製造時の小さなチップが数か所ありますが、見苦しいものでは無いです。
 
 
 ダメージでは無いですが、ボディ部分に釉薬の貫入のテクスチャーが見られます。
 

大変良好なコンディションです。
 
 ▲KITCHEN 
 
  Copyright (c)    Early Summer  2018   All  Rights Reserved