K-256      甘いピンク&オパーリンフリルのシェード
       
size    最大径 30cm
       上部口径 5.7cm
     高さ 5.3cm
   
イタリアのリバティ時代(1900-1910年頃)の
ランプシェードです。

淡く青みがかったオパ―リンに、細かなさざ波模様。
縁は透明な可愛いピンクです。

オパーリンとピンクのガラスを張り合わせ、フリル部分は、ガラスがまだ熱いうちにハサミで形作っていく、、、流石な、古の職人さんの技です。

今でもガラス工芸が盛んな、ベネチアのムラーノ島のもの。

この一瞬の造形。
ですから、フリル部分も全部均一ではありません。

空気がふわっと柔らかく、華やぐ雰囲気のシェード。
可愛らしい淑女のお部屋に・・・*^^*


毎晩、光を灯すのも愉しくなります。*^^*

   
price  \33.000(送料込)    
material   ガラス    
from    イタリア    
イタリアから発送
   
 
 少しスクエアなフリルが、またガーリー♪
 
 
  光を入れなくても美しいのは、アンティークシェードならでは・・・
 
 上面は半透明の、さざ波模様のオパーリンガラス。
 
  その下側に透明ピンクのガラスが張り合わされています。
 
 
 形がカチッと均一じゃないのも、手作りの味わい。※写真6時のフリルが少し短いです。
 ※カーソルを置くと、反対側の写真がご覧になれます。
 
 
 下から見上げると、こんな感じです。何とも言えない優しいニュアンスに、頬が緩みます。
 ※カーソルを置くと、違う拡大写真がご覧になれます。
 
 2か所、製造過程での白っぽい線がありますが、使用上に全く問題は無いです。
 

アンティークシェード用のソケット(白コード90cm付き)を、シェードをお求めの方に
2.800円で販売しています。ソケット部分は陶器。金具は真鍮色です。
 

ミントコンディションです。
 
 ▲KITCHEN 
 
  Copyright (c)    Early Summer  2021   All  Rights Reserved