実際に見ると、その余りに繊細な筆跡に、目を凝らすほどです。
小文字の高さが1ミリほどです。きっと線の細い、感じやすい青年のような。。。

S-032

アンティークカリグラフィ・D

STATIONERY

手紙を折りたたんで、裏側に宛名が書かれています。


経年による、日焼け、若干のシミがあります。良い味となっています。

Copyright (c)    Early Summer  2008   All  Rights Reserved

イタリアから発送

住所は書いてないので、フィレンツェに行く誰かに託したもの、と思います。

1821年の、日付け。

ロウを垂らして、このような印章を押して、封をしました。

size  30cmx20.7cm

price  \4.200(送料込)

material  紙

from    イタリア
      1821年
1821年に、ラファエッロという青年が、フィレンツェに住むお父さんへ宛てて書いた手紙です。

『お父さん、お元気ですか?
荷物が着きました。ありがとう。できればお金も送ってほしいのだけど。。今、少し困ってます。。。。そちらの皆さんによろしくお伝えください。みんなに手紙を書けなくてごめんなさいとも、伝えてください。。。』


というような内容。
なんだか、今も昔も、変わらない親子関係です。。。

しかし、その余りに繊細な筆記から、切ない心情が伝わってきて、途切れることのない
人の営みを、感じてしまう手紙です。