S-036

オパーリンガラスの石鹸入れ

オパーリンガラスの石鹸皿は、乗っかっているだけなので、お掃除簡単(笑)。

厚みのあるオパーリンガラスと、良い感じに錆ついてる金属の受け皿。たぶん銅メッキだと思います。

フランスの1920年〜30年頃のものです。

パリのアパルトマンの屋根裏部屋でずっと使われていたような、
ノスタルジックな佇まい。

オパーリンガラスも金属の受け皿も、ずっしりと重くて、時の流れを超えてきたんだな。。。って感じます。

金属の受けだけの方は、緑青が浮いていますが、お台所のスポンジ入れにもいいかもしれません。


パリの洒落たアンティークな雰囲気漂う、シャビー&シックな石鹸入れです。

イタリアから発送

B  Sold

金属のカットワークは、ゴシックの教会によくあるクローバー模様。

乳白色のオパーリンガラス。時の流れを感じる、ずっしりした重さと鈍い艶。

Copyright (c)    Early Summer  2008   All  Rights Reserved

ガラス付きの設置想像図。

経年による、金属メッキの剥がれ、錆、緑青があります。
良い味となっています。



STATIONERY

ガラス無しの設置想像図。
size ガラス14.5cmX10cm
              h4cm
     全体の高さ   10cm
     全体の奥行 11.5cm
               
price  A\11.500(ガラス付き)
        B Sold(ガラス無し)
                      (送料込)

material  オパーリンガラス
             銅にメッキ(?)

from      フランス