S-250     エンジェルの透かしのコーナー棚
                     イタリアのソレント地方のもの
       
size   
奥行1辺:
24cmおよび20cm
高さ:55cm
   
イタリアのソレント地方の特産だった透かし細工。
1910年頃のお部屋のコーナー用の棚です。


ちょうど日本の欄間のような、木板を糸鋸で切り抜いて作られたもの。

お土産用に作られた写真立てなどは時々は見かけるのだけど、これは意匠が特別印象深く凝っていて、また立体的なのが気に入りました♪

リバティ様式ながらシノワズリーも感じさせる左右非対称、エンジェルの表情もあどけなく愛らしく、全体的には洗練された雰囲気です。

ちょっとした小さな空間が、ぐぐっと魅力的なものに・・・*^^*


何を置くか、また楽しい悩みが増えそうです。

price 
\28.000(送料込)
   
material  木    
from イタリア
  1910年頃
   


イタリアから発送
   
 
 高さは55cm。お部屋の角に取り付ける、繊細な飾り棚です。
 
 
 棚は2段。左右の最長の長さはそれぞれ24cmと20cm。※カーソルを置くと、拡大写真がご覧になれます。
 
 
 優美な曲線を描く装飾にうっとり。※カーソルを置くと、対称側の面の写真がご覧になれます。
 
 
 エンジェルと横の格子の透かし窓のような意匠、それを取り巻く曲線の構成が面白いです。
 ※カーソルを置くと、エンジェルの拡大写真がご覧になれます。
 
 上段も左右非対称。※カーソルを置くと、対称側の面の写真がご覧になれます。
 
 もともとはパーツが外せて、組み立て式だったもの。
 こんなに細かな細工を全部糸ノコで切り抜くのも、大変な作業です。
 
 異国情緒を感じさせるシノワズリーの要素もあります。※カーソルを置くと、対称側の面の写真がご覧になれます。
 
 
 あどけないエンジェルの表情も、愛おしい。。
 

  僅かなカケが2か所ありますが、目に付くものでは無いです。
 
 後ろで金具で固定されています。
 
 保管の為に掛けている場所は少し高すぎますが、、、
 ベッドサイドやお玄関のコーナーなどに素敵かなと思います。
 

良好な、アンティークコンディションです。
 
▲STATIONERY
 
  Copyright (c)    Early Summer  2017  All  Rights Reserved