S-252      革の金箔押し装飾の額縁
           18歳!と今の2枚の写真
       
size  
16.5cmX16.5cm
厚み 1.2cm
   
イタリアの革の伝統工芸です。

今でもフィレンツェなどで作られていますが、こんな凝った金箔の商品はもう見かけなくなりました。

金箔押し細工の技術を持つ職人さんが、もうほとんど存在しないからだそうです。


女性の衣装から、19世紀末から20世紀初頭のリバティ時代のもの。
それで、中を開けると、、、。

あらら、もう一枚写真が出てきました。
同じ女性の18歳の時のもの。

裏に、18歳!って書いてあります。*^^*
古今東西を問わず、『この頃は、私も初々しかったわ〜♪』なんて、女性は思うものですよね。


微笑ましい気分にさせてくれる、サプライズでした。

price \8.500(送料込)    
material  革 ガラス    
from  イタリア
      20世紀初頭
   

 
 イタリアから発送
   
 
 優雅な金箔押し装飾。正方形に正円(7.5cmΦ)の窓。ガラスも入っています。
 
 
 若い女性の肖像写真が入っています。※カーソルを置くと拡大写真がご覧になれます。
 革には、シミや消耗など、それなりの経年変化があります。
 アンティークの趣と思っていただける方に、お勧めです。*^^*
 
 
 後ろの支柱は取れかかっていますので、下にヒンジを付けて補修するか、壁掛け用のフックを付けてご使用ください。
 
 
 裏を開けると・・・
 
 
  額のマットかと思ってたのは、同じ女性の写真でした。
 
 裏に18歳!って書いてあります。*^^*
 他の木製の額縁と一緒に、壁にたくさん並べて飾っても雰囲気が出る額縁です。
 
 革には、シミや消耗があります。金箔押し部分は、綺麗な状態です。
 ※カーソルを置くと、違う写真がご覧になれます。

実用可能なアンティークコンディションです。
 
▲STATIONERY  
 
  Copyright (c)    Early Summer  2018  All  Rights Reserved