S-260      フランスのガラスの小さな写真立て
                  縦長のフォルム
       
size  
ガラス部分
   H11cm W5cm
   
フランスの小さな写真立て。珍しい縦長。
全長は、14cm弱です。


華奢な印象と、縦長なので、立ち姿の写真を入れるのにちょうど良いと思って、ご紹介。

下にマットを入れても、また写真を中央部分に入れて、左右のガラスを見せても素敵です。*^^*

よくよく見れば、テーパーカットのガラスの鋭角部分にチップがあるものの、ガラス表面には擦り傷もなく、とてもクリアーです。
(しかし裏側に当たる一つの角に、長さ3ミリほどのカケがあります。)


金属部分が、とても艶やかな状態です。
1860-80年代のナポレオン三世時代の様式ですが、おそらくはもう少し後の20世紀初頭のものと思います。

price \12.800(送料込)    
material  ガラス・金属    
from    フランス
     1900〜1910年頃
   

 
 イタリアから発送
   
 
 レアな縦長。上のリボンと丸い足が、このスタイルの特徴。
 
 
 テーパーカットのガラスの厚みは、6ミリ。
 
 
 壁掛けにもなる、小さな輪っか付き。
 
 
 リボン部分がバネで持ち上げられて、ガラスがスライドします。
 
 
  ガラスの一つの角に、この様なカケがありますが、正面からはほぼ見えない位置です。
 ※この点を価格で考慮致しました。
 

上記以外は、大変良好なコンディションです。
 
▲STATIONERY  
 
  Copyright (c)    Early Summer  2018  All  Rights Reserved