S-261      ロンドンの1907年工場竣工記念の鋳造文鎮
       
size  約7.7Φ H5cm    
ロンドンの鋳鉄工場の竣工記念の文鎮です。

「1907年2月21日、最初の鋳造記念」と、あります。

近代化への変化が、石造りの建物から鉄という素材を以って、建築物にも顕著に見られた年代です。

この時代の駅舎も、鉄を構造としてだけではなく、装飾性の高い柱や凝った窓枠として使ったものが多く見受けられますね。

鉄橋が、各地で一般化したのもこの頃・・・

ところで、この文鎮。
フォルムもなかなかに美しい。

下の台の部分は、何かの工業部品の形みたいですが、持ち手は、この時代独特の優雅さが感じられます。


アンティークらしい趣のある一品です。

price \15.800(送料込)    
material  鋳鉄    
from    英国
     1907年
   

 
 イタリアから発送
   
 
 渋さが、個人的にも好きなオブジェ。
 
 
 竣工記念の記念品として、パーティーなどで配られたものと思います。
 
 
手に付く錆などは無くて、とても良い状態。
 
 
 303g.。適度な重さで、文鎮としても扱いやすいです。
 
 
 ※カーソルを置くと、裏面の写真がご覧になれます。
 

大変良好なコンディションです。
 
▲STATIONERY  
 
  Copyright (c)    Early Summer  2018  All  Rights Reserved