S-278      クジラの図版版画・B
        1790年頃のカリグラフィに・・・
       
size  
34cmX47cm
   
1790年の年号のカリグラフィの上に、フィレンツェ在住のアーティストが、 昔の百科事典の図版を元として刷った版画の作品です。

初めて見た時は、あんまりにもチャーミングで、目が釘付けになりました。写真よりも、実際には、もっと年月の風格があります。

つまり、ベースの紙は大変に古いものですが、上の版画は現在に刷られたものです。*^^*

カリグラフィは、フランス語で書かれています。
今回ご紹介の3枚は、同じ書物のものです。
アルファベットの出だしの部分を始め、筆跡が大変似ています。

裏にも記述があるので、ガラスで挟まれた額に入れると、裏も見えて、また手漉き古紙の良さも引き立ちます。

フレームは、黒艶消しのフラットな幅広のものが似合いそうです。

price \23.000(送料込)    
material  古紙 版画    
from  イタリア
      紙は1790年頃
   

 
 イタリアから発送
   
 
 1790年頃のカリグラフィ。※カーソルを置くと、裏の写真がご覧になれます。
 
 
 Gibbarは、ラテン語で「こぶ」。お腹が白くて、ザトウクジラだと思うのですが。。
 
 
 優しそうな小さなお目目この部分は手描きレタッチです。口には金泥が塗られて、渋いポイント!
 ※カーソルを置くと、拡大写真がご覧になれます。
 
 
この一枚は、みっしりと書き込まれた古紙です。その為、インク溜まりで出来た小穴があります。
中央の穴は、本を糸で綴じた跡です。
 
 
  写真ではなかなか伝わらないのですが、カリグラフィの古い風合いが素晴らしく、見飽きません。
 

大変良好なコンディションです。
 
▲STATIONERY  
 
  Copyright (c)    Early Summer  2021  All  Rights Reserved