S-280      カットガラスの懐中時計用ボックス
          内側にはふたりの天使
       
size  
上面:7cmX7cm
高さ:10cm
   
フランスの19世紀後期の淑女用懐中時計用ボックスです。

扉を開けると、中に二人の天使が時計を置く板を支えています。
このような仕様のものは、初めて見ました。

その為、時計用には珍しく、4方が全てテーパーカットのガラス張りです。

内側に小さなフックが付いているので、懐中時計以外にも、勿論、お気に入りのペンダントなども入れられます。


大きなダメージの見当たらない、大変に良好なコンディション。

淑女用の懐中時計自体が数が少なく、よってそのケースも少ないので、稀なお品物です。*^^*

是非、お手元に・・・。


price \18.800(送料込)    
material  メタル ガラス    
from  イタリア
      19世紀後期
   
カートページへ
 
 イタリアから発送
   
 
 5面テーパーカットガラス張り。持ち手部分は固定されていません。
 
 
  蓋はカチンと閉まります。開けると・・・。
 
 
 天使さん達が時計を置く台を支えています。台には後年に赤いベルベット地が入れられています。
  脚のデザインも良く、しっかりとした作りです。僅かにカタカタしますが、気になるものでは無いです。
 

 ぐるりと一周します。
 
左:片方の側面に極僅かにガラスのエッジのチップがあります。
右:背面のガラスエッジに、少し擦り傷があります。
 
 
  中のクッションはオリジナルです。全体的に大変に良好なアンティークコンディションです。
 

実用可能なアンティークコンディションです。
 
▲STATIONERY  
 
  Copyright (c)    Early Summer  2022  All  Rights Reserved